募集要項
世界標準を視野に、アウトプット教育を
軸にした独自のアプローチ。

昨今では、世界の主要大学を中心に、先生や生徒同士での双方向コミュニケーションを通して、知識や意見を共有したりアイデアを創造したりする、いわゆる“アウトプット教育”がグローバル・スタンダードになっています。それに対して現在の日本の教育は、暗記を中心とした“インプット教育”の比重がきわめて高く、ようやく『2020年の大学入試改革』では明確な答えのない問いに挑ませる方向へと舵を切ろうとしています。つまり日本の教育は、“アウトプット教育”においては完全に世界から後れを取っているのです。
LABO7では、自分の考えや意見を書いたり話したりしてしっかりと相手に“伝える”だけでなく、相手の考えや意見をしっかりと“受けとる”という、コミュニケーションに必要な2つの要素をベースに授業を展開します。文系(Arts)・理系(Science)・合教科(Mix:小学部のみ)・思考表現(Thinking & Expression:中学部のみ)という大きな枠で“アウトプット教育”にフォーカスしています。さらに、基本的なコミュニケーション力を身につけることに特化した「コミュニケーション(Communication)」という独自のアプローチもご用意。
勉強というものを単に「学校でやらされること」と捉えるのではなく、すべての教科で学ぶものを「様々な分野に関する課題を解決するために必要な情報」として捉えること。そして、社会に出た時にどんな状況であっても活躍するのに必要な「自分の意見やアイデアを豊富に生み出すための源泉」と捉えられるようなゼミを行うことを、私たちは目指しています。

小学部
学びの本来の楽しさに出会う。
学校の成績だけでなく、未来まで変わる。

学校での学習内容が少しずつ高度化・専門化する小学校高学年は、教科や分野によっては「できないから苦手」という苦手意識が生まれがちです。LABO7のゼミでは、興味・関心を持ちやすいテーマと、仲間で協力し合うアプローチを盛り込むことで、「面白い」「もっと知りたい」「自分で調べてみたい」というような、学びに対する“プラスの意識”を抱くような工夫を散りばめています。 この“プラスの意識”をエネルギーに、どんどん学習本来の楽しさに気づき、いつの間にかハイレベルな内容をクリアすることで、達成感・充実感を得ることができます。このような“深い学び”と“学ぶ楽しさ”をリンクさせ、学校とは違うアプローチで学んでいくことを続けていった結果として、学校の成績がアップするケースも続々と生まれています。

小学部募集要項
■レギュラーゼミ
指導教科 学年 開講曜日 時間
Arts
Science
小4 毎週水曜日または金曜日 17:10〜19:15
小5 毎週火曜日または木曜日 17:00〜19:25
小6 毎週火曜日または木曜日 17:00〜19:25
■スペシャルゼミ
指導教科 学年 開講曜日 時間
Communication(コミュニケーション) 小4・5・6 毎月第2土曜日
※8・2月除く
15:30〜16:40
Mix 小5 毎週水曜日 17:10〜19:15
小6 毎週金曜日 17:10〜19:15
小学部システム
Arts(文系プログラム)
生活の中で活きる「読解力」「語彙力」を習得。

文章の精読・要約を通じて、テーマに関連した感情の動きや社会的背景などを深く掘り下げます。自分の考えを記述するだけでなく、ディスカッション、プレゼンテーションなどの多様な表現方法で伝える練習を重ねることで、真に実用的な「読解力」「語彙力」を身につけます。

例えばこんな授業を行います「食文化の比較」
Science(理系プログラム)
本質の理解を、柔軟な「発想力」・「思考力」養成へつなげる。

決まった解法にあてはめて正解を追うのではなく、「どうやって解くのか」「この答えになるのはなぜか」など、根本的な原理・原則から考えます。根拠を納得した上で解法を定着させるだけではなく、型にはまりすぎない柔軟な発想力・思考力を養うことを目指します。

例えばこんな授業を行います「気象タイムトラベル」
Mix(合教科プログラム)
教科の枠を超えた学びで、世界を知り、自分を高める。

複数教科を組み合わせて応用した「合教科型」ゼミ。自分の持つ知識をもとに多角的な視野でものごとをとらえて考える高度な思考力とともに、事象の説明のみならず自分の考えや意見を記述してまとめる高度な表現力にチャレンジ。自らのアウトプット力をさらにレベルアップさせることが目的です。

例えばこんな授業を行います「地球環境問題」
Communication(コミュニケーション)
LABO7オリジナルコンテンツ

「コミュニケーション下手」な人が増えています。相手と直接会話をする機会が減りメールやネット越しのやり取りが増えたことに原因があると語られることが多いようです。[モノリス ラボ・セブン]は、こうした傾向を危惧して「コミュニケーション」の授業を実施しています。正解を求める授業ではなく、セッションを繰り返すアクティブラーニングを中心に、話す、傾聴し、承認するといった体験の中でコミュニケーションのエキスパートへと成長していきます。

例えばこんな授業を行います「リレートーク」
中学部
合教科型アクティブラーニングによって、
蓄えた知識の使い方を身につける。

 いまだ“インプット教育”を重視する学校のテスト成績や内申・評定。だからこそ、中学生の段階で「合教科型アクティブラーニング」という“アウトプット教育”を受けることが大切であると私たちは考えます。日本や世界の最前線で活躍している人たちは、アウトプットに優れた能力を発揮しています。高校入試は目指すべきゴールではありません。2020年以降の大学入試も一つの通過点だととらえています。そのために今、知識の暗記だけではない思考力・表現力・判断力の柔軟さが問われる課題への対応力を鍛える必要があります。そしてこのような力は、できるだけ早いうちからトレーニングして身につける方が良いのです。

 また、LABO7生限定の無料自習スペース「LABO7ライブラリー」や、学校内容の苦手部分を克服する「個別指導」も併用することができます。各学校の定期テスト前には特別日時で開講。普段の学校での学習(インプット教育)とLABO7での合教科型アクティブラーニング(アウトプット教育)との“両輪”をうまくまわすためのフォローアップも可能です。

中学部募集要項
■レギュラーゼミ
指導教科 学年 開講曜日 時間
Arts(文系)
Science(理系)
中1 毎週火曜日または木曜日 19:30~22:00
Communication
(コミュニケーション)
中1 土曜日(年12回) 19:00~22:00
Thinking & Expression
(思考表現)
7LABO(ホームルーム)
中2・中3に関してはお電話でお問い合わせください。
■フォローアップ
指導教科 開講曜日 内容
LABO7ライブラリー 火曜日〜土曜日  LABO7生専用の無料自習スペースです。
 学校での学習内容について質問することができます。
個別指導 火曜日〜土曜日  先生1人につき生徒2人の個別指導です。
 学校内容の苦手や弱点を補強することができます。
中学部システム
Arts(文系プログラム)
日本や世界の諸問題を英語・社会の観点でとらえ、
情報活用力や問題解決力を育てる。

日本国内のみならず世界中の人々とコミュニケーションを取りやすくなった現代。当たり前と思っていることが、一歩外へ出ると通用しないことは多々あります。例えば英語で学ぶ文法は実際の場面に役立てる必要がありますし、社会で学ぶ地理・歴史・政治・経済など幅広い分野の知識は、未来を生きるための知恵が詰まっています。これらをうまくリンクさせることで、情報活用力や問題解決力を育て、自らの意見を形成する土台を築きます。

例えばこんな授業を行います「国歌の比較」
Science(理系プログラム)
数学・理科の知識や技術と日常生活とをリンクさせ、
論理的思考力を鍛えあげる。

実は身近にあるあらゆるものには、数学や理科と結びつけて考えられるものがたくさんあります。身のまわりの物事に「なぜ?」「どうして?」と着目することで、物事の本質をとらえ、実生活とを結びつけることを目指します。あらかじめ考えて立てた仮説を検証し考察する、という過程は、理系の論理的思考力を鍛えるのに最適です。また、数検や数学オリンピックなど高い思考力が問われる問題にも挑戦し、数学的センスも磨きます。

例えばこんな授業を行います「名古屋から富士山は見えるのか」
Thinking & Expression(思考表現/国語力強化プログラム)
答えのない問いに挑む思考力と
きちんと伝える表現力で、真の「国語力」を育てる

2020年からの大学入試改革で積極的に導入される予定の記述・論述テーマに的を絞り、答えのない問いにも果敢に挑み、頭の中のイメージをしっかりと文章化して相手に伝えるトレーニングを行います。国語力の低下がさけばれている昨今、「思考力」と「表現力」を鍛え、実用的な「国語力」を磨くことに特化したゼミです。

例えばこんな授業を行います「写真からあなたの思うことを記述せよ」
Communication(コミュニケーション)
LABO7オリジナルコンテンツ

「コミュニケーション下手」な人が増えています。相手と直接会話をする機会が減りメールやネット越しのやり取りが増えたことに原因があると語られることが多いようです。[モノリス ラボ・セブン]は、こうした傾向を危惧して「コミュニケーション」の授業を実施しています。正解を求める授業ではなく、セッションを繰り返すアクティブラーニングを中心に、話す、傾聴し、承認するといった体験の中でコミュニケーションのエキスパートへと成長していきます。

例えばこんな授業を行います「新規事業プレゼンテーション」

●TOP ●最新情報 ●情報公開 ●研究成果 ●募集要項
●アクセス ●お問い合わせ

menu
メニューを閉じる

理念データで見るストーリーで見る生徒が見る学習環境

-TOPICS-

-RELEASE-

-REPORT-

-OUT LINE-

-CONTACT US-

^